青汁 野菜ジュース 違い

青汁じゃなく、野菜ジュースじゃダメなの?

 

青汁じゃなくて野菜ジュースじゃダメなのかな?と思った事はありませんか。
青汁も原料は野菜から作られているのですから、
価格的にも安くて手頃な野菜ジュースで十分いいんじゃない!?って思いますよね。
では、青汁と野菜ジュースの違いって何なんでしょうか?

 

野菜ジュースの特徴としては、青い野菜以外も入っており、
そのおかげで様々な分野の栄養成分が含まれています。
例えばトマトのリコピン、そしてニンジンのカロテンなどが入っていますよね。

 

価格も安価で飲みやすい!とメリットが多いように感じますが、
実は、意外にカロリーが高かったりもします。
また、加熱殺菌をしていますので、成分量に対して有効な栄養素が少ない
というデメリットがあるのです。

 

一方、青汁の特徴としては、ケール、大麦若葉、明日葉、桑の葉など、
あまり一般的に知られていない栄養成分が豊富な野菜を原料としており、
少し飲み辛かったり、価格も少々高いドリンクではあります。

 

しかしながら、ビタミン類、ミネラル類、食物繊維などが豊富に含まれており
余計な甘みを足していない事が多く、カロリーも控えめになっています。
加熱殺菌や高熱処理を施してない青汁が多いので、仲に含まれている
栄養素を落とすことなく、鮮度の良さも野菜ジュースとは比べ物になりません

 

以上のような特徴から考えていくと、野菜ジュースと青汁の中身の違いは明白です。
栄養成分や栄養素、鮮度などのポイントから考えても青汁の方が高価なのはわかります。

 

青汁には青汁にしかない、豊富な食物繊維と、ミネラル類があるので
野菜ジュースか青汁を選ぶのであれば、私は迷わず「青汁」をオススメします。

 

実際に飲み比べた管理人がオススメする青汁NO.1はコチラ♪