青汁 選び方 原料

青汁の原料について

 

青汁の原料は今でこそ、様々な種類があります。
代表的な原料としては・・・・・

 

  • ケール
  • 大麦若葉
  • 桑の葉
  • 明日葉

 

種類は上記の他にもまだ様々にありますが、
原料によって成分や栄養素に違いがあり、期待できる効果も違います。
自分に合った青汁を原料から選ぶための選び方の参考にしてみてください。

ケールの青汁

 

ケールとは、キャベツの原種であり、アブラナ科の野菜で作られる
最も代表的な青汁の原料の一つです。

 

ケールは、野菜の中でも飛び抜けて成分が良く、特にビタミンAやCの量が
恵まれて豊富な他に、ミネラルや食物繊維をも多く含んでいます。
体の免疫力を高める作用にも優れているため「野菜の王様」とも言われています。
特にビタミンや食物繊維は豊富に含まれているため、便秘解消に効果が期待できます。

 

ケールは一年中栽培が可能で、収穫量が多く、飲みにくくない味であり、
刺激性が無い事から、青汁に最適の野菜と言われています。

 

ケールでオススメの青汁はコチラ

大麦若葉の青汁

 

大麦若葉は、他の緑黄色野菜と比べてもビタミンB1やカロチン、
鉄分やミネラルをバランス良く多く含んでいます。
ビタミンB1は牛乳の約30倍、ビタミンCは、ほうれん草の約33倍も含まれています。

 

大麦若葉の栄養素は体内の新陳代謝を促進する作用があり、
脂肪を燃焼する働きがあるため、ダイエットの補助的な効果が期待できます。
さらに、シワやシミなど女性の多くが悩んでいる美肌や美容、
アンチエイジングといった分野でも改善効果が期待できます。

 

大麦若葉の青汁にもう一つ忘れてならないのが、強力な抗酸化作用があるため、
血栓や動脈硬化の予防などにも効果が期待できます。

 

大麦若葉でオススメノの青汁はコチラ

桑の葉の青汁

 

桑の葉は「葉」だけなく、枝や根の皮、実などが漢方薬として古くから使われてます。
ビタミンの他にマグネシウムやカルシウム、カロテンなどが豊富に含まれています。

 

特に血糖値の上昇を押さえる機能があり、糖尿病や高血圧の予防や改善に効果が期待できます。
桑の葉にはこの様に糖分を徐々にゆっくりと吸収する性質効果が存在するため、
無理のない、ごく自然なダイエットの補助的な役割としても効果があるでしょう。

 

桑の葉でオススメノの青汁はコチラ